朝礼でも「価値付けのボイスシャワー」

「成長の2学期」にするために、職員は、子どもたちの頑張りを声に出して認めよう。「価値付けのボイスシャワー」で子どもの良さを伸ばそうと、努めています。朝礼では、校長が、職員から寄せられた子どもの「かがやき」を全校児童に紹介しました。前期あいさつ委員だったけいじさん(5年生)は、後期になってもボランティアで朝の挨拶運動に参加しています。6年生の慎之助さん、輝(きら)さんは紗蘭さんは、縦割りグループ活動を楽しくしようと工夫しました。3年生の夏帆さんは、誰にでも平等に接することができます。良さを紹介された友達への全校児童の拍手が温かかったです。
PAGETOP