人間関係づくりプログラム

7月7日(金)、東京聖栄大学の岡田弘 教授をお招きして、「人間関係づくりプログラム」の授業を全学級で行いました。「人間関係プログラム」とは、子どもたちに、人間関係づくりの基本的なスキルを身につけさせることを目的として、静岡県内の全ての小中学校で実践されています。 岡田教授の講演会「より良い人間関係をつくるために」では、白羽小、白羽幼、白羽保の保護者が、子どもの自己肯定感を高める子育てについて考えました。「子どもの自己肯定感は、愛されていることを感じることでつくられます。(岡田教授)」子どもを認めることの意味を確認できた白小DAYになったと思います。
PAGETOP